マーウェル ボス Mizzon(ミッツォン)へ行く-② ヴェネト州 ヴァルポリチェッラ

ヴァルポリチェッラのワイン生産方法を聞く
ヴァルポリチェッラのワイン生産方法を聞く

100年以上使っている竹で作った陰干し用のラックARELEの上で、
ブドウを収穫後3か月ほど陰干し、香りと糖度を上げます。

ARELE 細い竹を並べ木枠で囲ったブドウ陰干し用ラック
陰干し用のラックARELE

ARELEは西暦1700年頃、
夏の間は絹(シルク)をつくる蚕(カイコ)を育て、冬はブドウの乾燥に使用する為、
ヴァルポリチェッラに伝わりました。
MIZZONではワインを造る際のブドウの乾燥にのみ使用しています。
イタリアワイン製造2500年の長い歴史に比べ、
西暦1700年頃から行われている、このブドウを乾燥する技術は比較的新しい製法です。
乾燥させる為ブドウの重量が減り、製造できるワインの量も少なく、
貴重なワインとなります。
MIZZONでワインを陰干

大切にワインが保管されています
MIZZONのワインセラー

コメント

このブログの人気の投稿

イタリアのロゼワインを飲んだ。素敵‼

「伊勢丹新宿 世界を旅するワイン展」

夜が待ち遠しい。新しいワイン。